株式会社レック

コンサルティング サービス

コンセプト


コンサルティング サービス

お客様の現状をヒアリングしそれぞれの店舗に合わせて最適な管理体制を提案させていただきます。


コンセプト

私達はワックスに替わるコート剤「レック21」という商品を持っています。弊社の 独自開発商品です。私達会社の武器です。この商品は 、環境・自然に優しく、耐久性にも優れ、高品質の商品であります。 開発は、1997年6月にスタートし、2005年で8年になります。UV塗料を使用、現在の施工実績は、学校、病院、スーパー、展示場、ビル、ホテル等など。北は北海道から、南は鹿児島まで代理店を有しています。2005年4月現在では46社になります。私たちの商品は、戦略的に不特定多数の方には販売しておりません。

「レック21」の、ブランドを代理店の方々と共に高めていき、私達の強力な営業戦略の商品として業界イメージアップのために私は、代理店方式をとっております。「レック21」 という商品は現在、特許審査中(一部システム)です。

従来のワックスは、水に弱く雨の日は一日で光沢がなくなり、また、汚れを抱き込み、黒づんだり黄変したり、お客様からお叱りを頂戴することもありました。その為、定期的にハクリ作業を行う必要がありました。この作業は強アルカリ分を使用し、ワックスを除去してまいりました。作業時の排水は、河川に垂れ流され自然環境を壊していました。レック21は業界では、画期的なコート剤として称賛されています。

私達は、ビルメンという言葉を好みません。ビルメン=掃除、その言葉を私達は、レック21というコート剤で業界のイメージを変えたいと考えています。コート剤で私達はシェアで、日本一を目指しています。私達は、コート剤を使い、働く喜び、誇り、希望、夢を与える事を目指しています。そして、もう一つの 、イメージ改革。それは機械でできることは機械で(危険な場所)、人ではなくてはならないものだけ人で、それをコンセプトに機材のロボット化を、2005年5月よりスタートしました。高齢者の豊かな経験と知識、知恵をお借りし若い社員と共に行動しています。

会社概要

沿革

社長より


会社概要

社名 株式会社レック
所在地 108-0023 東京都港区芝浦2-13-8 マグナビル5階
代表者 吉田 和範
設立 1986年11月19日
(創業:1985年6月18日)
事業内容 ショップやオフィスのクリーニング・メンテナンス・コンサルティング。
清掃用具・洗剤の開発など各種掃除用品販売、保守。害虫駆除。
※業務協力会社29社
資本金 10,000,000円
取引銀行 三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行
得意先一覧
※敬称省略
  • (株)ドトールコーヒー
     (ドトールコーヒーショップ、エクセシオールカフェ、オリーブの木、
    サロン・ド・テ マドレーヌ)
  • 日本ケンタッキーフライドチキン(株)
  • (株) ビックカメラ
  • (株)サンテオレコーポレーション
  • (株)東京ドーム
  • (株)ジェイアール東日本都市開発
  • ジェイアール東日本フードビジネス(株)
  • (株)三和ホールディングス
  • (株)ルミネアソシエーツ
  • エクソンモービル(有)
  • 中央石油販売(株)
  • 小田急商事(株)
  • 東武食品サービス(株)
  • (株)レストラン京王
  • (株)MRサービス(吉野家グループ)
  • (株)喜代村(すしざんまい)
  • (株)ヨコハマフーズ
  • (株)フクシマ商事
  • (株)ナカムラ
  • (株)秋吉グループ
  • 医療法人天白会
  • 医療法人社団皆星会


沿革

1985年 6月 三鷹市北野にてハウスクリーニング開業
1986年 11月 株式会社 お掃除相談センター
資本金500万円にて設立
1987年 1月 渋谷区恵比寿南に事務所を開設
1988年 10月 マンション、ビル総合管理業務の開始
11月 株式会社 誠和クリンネスに社名変更
同時に渋谷区東3丁目に本社移転
1990年 12月 千葉県千倉に福利厚生施設開設
山形県米沢に福利厚生施設開設
1991年 9月 資本金1000万円に増資
1992年 3月 渋谷区恵比寿1丁目に本社移転
1996年 2月 業務拡張の為、港区浜松町2丁目に本社移転
1996年 5月 (株)誠和エセック 設立 害虫駆除
1997年 5月 キャッツのフランチャイズ加盟
2000年 4月 レック(株) 設立 塗料、洗剤の開発、研究、製造、販売
2003年 12月 芝浦に移転
2005年 9月 株式会社誠和クリンネスから株式会社レックへ社名変更

社長より

株式会社 レック

代表取締役 吉田 和範

少子高齢化や環境問題が大きく注目されいているなか、外食産業を取り巻く環境は雇用や所得への不安等により個人消費の減少が依然として続いており、新たな顧客取得に向けた企業間における競争が激化し厳しい経営環境に直面しています。
このような状況のもと多くの企業では独自性に磨きをかける一方で、環境変化に適応するための活動を実施していると考えております。

では、実際にどのような取り組みがなされているのでしょうか。
例えば水道光熱費、日常のゴミ等の(産業)廃棄物処理費用、人件費…目に見える経費を削減しようとするという試みは多くの企業で実施されているでしょう。環境は日々変化しているいるなかで、【完成】という形は存在せず、消費者の潜在的なニーズは一ヵ月後にはまた大きく変わっているかもしれません。

私たちは【店舗の快適な環境を清掃を通じて維持】し続けるなか、得意な分野で独自性を追求してまいりました。【外食産業を支える】パートナーとして、少ない投資予算で今まで以上の投資効率を獲得していく為のお手伝いができないだろうか。例えるなら【外食本部営繕担当】の意識を持ち、また店舗における【第三者の目線】の役割を担い、【お客様のお客様】の為に快適な空間を提供していきたいと考えております。

コンタクト

採用情報


コンタクト

お問い合わせ先:ここからメールを送信する。


採用情報

採用情報:現在新規募集は行っておりません。

Copyright(C) 2010 - 2014 株式会社レック All right reserved.